マイナチュレを公式サイト以外から買ってはいけない理由とは?

マイナチュレは公式サイトでないとダメな理由

品質は全く保証されていません

 

マイナチュレは株式会社ピカイチが販売元となっているのですが、公式サイトにはこのような記載があります。
公式サイト以外からは買わないで!ということです。

 

この注意書きから見て分かるように、ピカイチは販売を許可していません。

 

公式サイト以外のショップが行っている行為は転売です。
ですので、もちろん定価より高い価格で販売されることになります。

 

それに品質が保証されていません。

 

一応育毛剤にも賞味期限というものがあります。手元に届いた商品は数年前に製造されているものかもしれません。

 

それに保存状態も気になります。転売するような業者ですので、ほこりをかぶっていてもおかしくありません。

 

適温で保存されていない育毛剤は成分が沈殿してしまい、本来の効果より劣ってしまうことも考えられます。

 

品質管理がずさんな育毛剤を使用して万が一のことになっても、レッドビジョンさんには責任はありませんしネットショップは対応してくれない可能性が高いと思われます。

 

万が一の事態は考えていますか?

 

日本は化粧品に関しても世界トップクラスの品質基準なので事故というのはありませんが、海外では育毛剤を使って皮膚がただれて入院するような事故も起こっています。

 

マイナチュレを使ってもそんなことにはなりませんがそれがマイナチュレでなかった場合は分かりません。

 

偽物・類似品は中国や韓国で作られていることが多いと聞きました。

 

そんな商品を買って使えばどうなるかは分かりませんよね。

 

万が一頭皮に異常が起きた時にはどこに言いますか?公式サイトは正規店で買った方にしか対応してくれません。

 

例えそれがマイナチュレであっても、公式店以外から買ったものは全て偽物だと判断するというのが公式サイトの見解です。

 

だから公式サイトにクレームを言っても無駄です。となると購入したショップですか?

 

ほぼ間違いなく無視されます。販売店はそこまで考えていませんし、ネットショップなら名前を変えて何度も出すことができますしね。
泣き寝入りすることは目に見えています。

 

公式サイトで買ったマイナチュレではカスタマーセンターがあるので確実に対応してもらえます。

 

返金保証はありません

 

他のショップから購入された場合には60日間の返金保証はありませんのでご注意下さい。

 

これがあるとないとではすごく大きなことではないでしょうか。
返金保証があるから思い切って購入に踏み切れるということもあります。

 

一度試してみて頭皮に合わなければお金は戻ってきますからね。
返金保証がないというのはかなり大きなリスクとなります。

 

旧マイナチュレが今だに販売されています

 

2017年7月にマイナチュレは大きくリニューアルされました。
名前は変更され、「マイナチュレベースローション」となりました。

 

旧マイナチュレの定期コースはそれまで3回の継続という条件付きだったのですが、リニューアル後はいつでも解約OKということになっています。
リニューアルされてからは初回価格が半額になり、お試しボトルが販売されるようになりました。

 

独自開発に新技術を取りいれたことで浸透力はさらに上がっています。
当然のことですが、旧マイナチュレはリニューアルされてすぐに生産中止となっています。

 

それなのになぜ他のショップでは今だに販売されているのでしょうか?

 

それは在庫が残っているからです。

 

そもそもマイナチュレを公式サイト以外から買う人はほとんどいません。

 

だからせっかく仕入れた在庫が今だに残っているのでどうしても売り切りたいんですね。

 

そうしないと赤字になってしまうからです。

 

旧マイナチュレとリニューアルしたマイナチュレはどっちを買いたいですか?

 

答えは聞くまでもありませんよね。